海外「これは初めて知ったよw」日本人が子供時代に作っているものが綺麗すぎると外国人も驚き【海外の反応】


スポンサーリンク

日本の泥団子が海外で話題になっていました。
泥団子とは泥遊びの一種で、泥で作った玉に砂などをかけて固め、それを磨いて作ります。
地方により、赤土で作られた光沢が良いものを「金カン」、黒土で作られたものを「銀カン」と称することもあります。
ピカピカになるまで磨いた泥団子は「光る泥団子」と呼ばれ、海外にも極めている人がいるそうです。

Hikaru-Dorodango-600x537

スポンサーリンク

スポンサーリンク

海外の反応

名無しさん@海外

まるで巨大チョコボールのようだな。


名無しさん@海外

この芸術は簡単にはマスターできないと思う・・・


名無しさん@海外

美しい光沢だな。


名無しさん@海外

これは知らなかった
俺でも作れるだろうか


名無しさん@海外

食いしん坊の私にはチョコレートに見えるよw


名無しさん@海外

一日中これを磨いていたいw


名無しさん@海外

みんなで泥団子を転がそう!


名無しさん@海外

チョコボールみたい


名無しさん@海外

クラナドの団子大家族を思い出した


名無しさん@海外

エラゴンの意志を継ぐ者?


名無しさん@海外

日本にはこんな芸術があったのか!


名無しさん@海外

ドラゴンボールを作ろう


名無しさん@海外

doroとは泥のことでdangoとは団子のことだ
ボールの形をした泥という意味


名無しさん@海外

シャイニング団子?
これは興味深いな・・・


名無しさん@海外

非常に魅力的だな。


名無しさん@海外

大人も子供も楽しめそうだ。


名無しさん@海外

泥遊びがしたくなってきた。


名無しさん@海外

ピカピカになるまで磨き続けるのは、きっと忍耐も必要だよ


名無しさん@海外

これは凄いな・・・このような芸術様式があったとは知らなかった


via:ttps://goo.gl/3PuKVP

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【注目記事】